ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 富田林市議会 > 富田林市議会-議会の構成

富田林市議会-議会の構成

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月5日更新
<外部リンク>

議会の構成

議場写真

議員

議会は、市民から選挙で選ばれた議員をもって構成されます。 議員は、市民の代表として市民の声を市政に反映し、市民生活の向上に努めます。 市内に住む25歳以上の選挙権のある人は立候補できます。 なお、議会の議員定数は19人で、議員の任期は4年と定められています。

議長

議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。 議長は、議会の代表であり、議場の秩序を保ち、会議を円滑に進め、議会の事務を処理します。また、議会の代表として会議に出席したり、他の機関と協議したりします。 副議長は、議長が不在のときなどに、議長に代わり職務を行います。

会派

議会の意思は、多数決によって決められます。そこで、政治的に同じ考え方や意見を持った議員が集まってつくる議会内の団体のことをいいます。 議会では、交渉団体としての会派の結成は2人以上の所属議員が必要とされています。

議会事務局

都道府県は地方自治法(138条)で議会事務局を置くことを規定されており、市町村は条例で設置できるようになっています。 富田林市では議長の任命で現在7名の職員が議会事務を行っています。 議会の開会・閉会中を問わず会議の準備や資料を作って、議会事務の整理を行い、議員が仕事をするときの手伝いをします。

また、本会議や委員会の様子を記録する仕事をします。 議会や議員が公的活動をするにあたり、自治法や会議規則の法解釈や先例・例規の扱い、公文書の保管・管理、議員報酬、各種経理事務、本会議や委員会の会議録の作成、市民に議会活動を知らせる議会だよりの作成などです。

おすすめコンテンツ