ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和2年2月

印刷用ページを表示する掲載日:2020年2月28日更新
<外部リンク>

2月28日(金曜日)

 昨日の安倍首相の「全国の小中高の休校の要請」表明を受けて、今日の朝に臨時で市内各小中学校の校長が集められ、富田林市及び富田林市教育委員会からの通達と説明を受けました。とりあえず来週月曜日の3月2日より市内幼小中をすべて臨時休校にするということですが、期限についてはまだ未定ということです。気になる卒業式や公立高校の入試については、最大限の配慮を図りながら予定通り実施するということです。もう少しくわしい対応について学校からも通知文を出させてもらっています。本日プリントで配付しトップページの新着情報のページにアップしていますが、ここでも貼り付けておきます。必ずご確認ください。
新型コロナウイルスにかかる臨時休校について(市・市教委通知) [PDFファイル/108KB]
新型コロナウイルスの感染拡大防止のための対応について(学校より) [PDFファイル/147KB]

 ただ、今日の時点ではまだ決まっていないこと、決められないことがあまりにもたくさんあります。特に卒業式については在校生をどうするのか、保護者は? 来賓は?など市内でまだ統一できていませんので、決まり次第お知らせします。
 さて、今後の生徒や保護者への連絡方法ですが、今のところこのホームページやはなまる連絡帳、電話、家庭訪問、郵送などを考えています。いずれにせよ、連絡が届かないということのないように最大限配慮いたします。今、この記事をお読みの方は、ご面倒ですが毎日ホームページをご覧ください。緊急事態のため、何かとご理解とご協力をいただきますよう、よろしくお願いします。

 休校中、子どもたちが健康や安全に留意し、規則正しい生活を送ってくれることを願っています。特に卒業や入試を控えた3年生・・・こんな状況になって残念で心苦しいけど、与えられた環境の中で精一杯がんばれ!

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

2月27日(木曜日)

 今日は1,2年は学年末テストの2日目。午後は3年生の進路懇談会のみで、静かな校内です。昨日、大阪府で府立学校でのコロナウィルス対策の基本方針が発表され、2校で学校関係者の発症が判明した場合、すべての府立学校で2週間の休校措置をとるとされ、各市町村教育委員会にも同様の措置を取るように要請したと報道がありました。日に日に状況は変化していくと思いますので、今大事なのは正しい情報を正確に把握することだと思います。デマの情報もSNS等で出回っていると聞きます。お気をつけください。

 今日の放課後、一人の3年生女子と校長室でお話をしました。その子が進路先をどういう考えで決めたのか、詳しく聞かせてもらいました。とてもしっかりとした考えで進路先を決めたことが良くわかりました。その子が言ってくれた「今必要なのは『追究心』」という言葉に、今の学校教育の課題を垣間見ました。生徒との座談会はとても勉強になり、私にとって学校運営の「原動力」となっています。今日もいい時間をありがとうございました。

 コロナ対策でうがい・手洗い・消毒等が徹底されているのか、本来であれば今の時期流行するインフルエンザが今年は激減しているそうですね。対策次第でインフルエンザも防げるんだということがわかります。毎日、同じことの繰り返しになりますが、ご家庭でもうがい・手洗い・咳エチケット等を徹底させて下さい。よろしくお願いします。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月26日(水曜日)

 1,2年生は今日から学年末テストに臨んでいます。今回よりテスト時のシャーペンの使用が可となりました。これまでは高校入試においてシャーペンが不可であったことや、薄い字で解答されると読み取りにくいこともあって、テスト時に限ってシャーペンは認めていませんでしたが、ハッピースクールプロジェクトの提案の中に「テスト時のシャーペンを認めてほしい」という要望が複数あり、本部役員の意見を聞いたり、職員で検討したりした結果、今回より認めることになりました。もちろん、故障した時のために予備の鉛筆を用意することや、しっかりした濃い字で書くことなどを注意点として説明しましたが、言わなくても生徒たちはわかっていますよね。

 小さなことかもしれませんが、生徒たちが自分たちで自分たちの学校生活を見つめ、より良くしていくために改善点を提案していく。決して個人の好みやわがままで提案するのではなく、こう変えれば生徒全員にとって良くなるだろうなあ、さらに藤陽中が良くなっていくだろうなあと、全体のことを考えて気づいた事を提案していく・・・。このような取り組みにはそのような力が必要なわけですが、本校ではそれができると信じています。提案はいつのまにか110を越しました。とっても素晴らしいことだと喜んでいます。

 さて、生徒たちに負けずPTA活動も様々な改革に取り組んでいます。「楽しいPTA活動」をモットーに、負担に感じることを出し合いながら、思い切ってなくしたこともたくさんあります。委員数削減のために地区委員会を廃止したり、学級委員を各クラス2名から学年のクラス数に減らしたり、3年生の学級委員さんから卒業式の謝辞が大きな負担となると聞けば、則、廃止を決めたり、PL花火の巡視の廃止や広報委員会発行の広報誌を年2回から1回に削減、スポーツ祭典での役割の軽減やPTA競技の廃止などなど、ここ2年ぐらいの間に挙げればきりがないほどの改正をPTA本部さんと一緒に行ってきました。

 とりわけ広報委員さんにとって年2回の広報誌の発行は大きな負担となっていました。今年度より年1回の発行とさせてもらいましたが、その広報誌が本日学校に届きました。写真に撮って紹介したいところですが、ネタばれするのでやめときますね。とにかく「全国PTA広報誌コンクール」というのがあったとすれば、間違いなくグランプリを獲得するであろう程の素晴らしい広報誌です。3月の上旬にはお配りできると思いますので、楽しみにしていて下さい。とにかくすごいですから・・・。

 新しいことにどんどんチャレンジしようとする生徒やPTAの方々に囲まれて、本当に楽しいです。明日からは少し寒くなるようです。早くコロナウィルスが収まればいいのに・・・。

 今日は文章だけになってしまいましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月25日(火曜日)

 3連休明け、特に今週はテスト前で部活動がなかったために多くの生徒が4日ぶりの登校でしたね。おっと、この休み中に提出物なのかテスト勉強の道具なのか知りませんが、学校に取りに来る生徒も数人いてましたが・・・。休み前にしっかりと確認しましょうね。

 今日は政府から新型コロナウィルスの対策基本方針が出たということでしたが、これまでの文科省や厚労省などから出ている通達と大きな変更点はなく、いずれにしてもこの2週間が正念場ということで、さらなるうがい・手洗い・咳エチケット・マスクの着用などが呼びかけられています。富田林市でも3月20日までは取りあえず多人数が集まるような集会や参加等は控えるようにという方針が出ていますが、さらに拡大するようであれば、入学式や宿泊学習などいろんなことに影響が出てくるのは必至です。今後の推移を見守るしかありませんが、国民一人ひとりが当事者意識を持って予防に努めるしかありません。

 今日、校内を歩いていると、円形ホールに新たな掲示物が・・・。
なかよし作品なかよし作品2

 とても素敵です。先日、すばるホールでの「なかよし作品展(支援学級生や支援学校の生徒たちの作品展)」に出展されていた作品が戻ってきて、支援担任が円形ホールに飾ってくれていました。ラップの新や空き箱に布やマスキングテープを貼って作ったオリジナルのペン立てです。作品もさることながら、担任の先生のレイアウトも素敵ですね。雛祭りをも連想させます。また学校にお越しの際には円形ホールにお立ち寄りください。

 明日、「WITH」第17号を配付する予定ですが、ひと足早く下に貼り付けておきますのでご覧ください。

「WITH」第17号 [PDFファイル/655KB]

 明日から1、2年生は学年末テスト。3年生は午後には進路懇談会が行われます。3学年とも11時50分に終礼が終わり下校となりますので、よろしくお願いします。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月21日(金曜日)

 朝、学校に来れば正門から下足室までの通路にパンジーのプランターがずらり・・・。
パンジー1パンジー2

 市の緑化協会からパンジー400株が届き、それを教頭先生や3年生の先生方、2・3年生の有志たちでプランターに植えかえてくれました。このプランターは、もう少しパンジーが育って見ごろになれば、校区の福祉施設にフラワーギフトとしてもっていきます。毎年、夏前とこの時期にプランターをプレゼントしており、大変喜んでいただいています。生徒たちが植えた花が地域を彩る・・・素敵です。また、プランターの一部は卒業式の花道にも利用します。まさに「卒業式に花を添える」というやつですね。
 ところで、花壇のサツキとサツキの間の土の部分にパンジーが不規則に植えられており、その横からチューリップの芽が出てきました。
MJ

 保健環境委員の女子が植えたものですが、担当の先生に聞くとパンジーで「M」、チューリップで「J]になるように植えられているんですって。「M」はなんとなくわかりますが、確かに{J」の形にチューリップの芽が出てきています(写真ではまだわかりにくいですね)。「MJって何?」って聞くと、「えっ? 松本潤ですけど・・・」と言われました。おじさんでごめんなさい。きれいに「MJ]になるといいですね。

 今日は午前中は河内長野にある私立高校の卒業式に参加してきました。10クラスほどあるので、残念ながら卒業生を見つけることはできませんでしたが、一人だけこっちを向いてにこっと会釈をしてくれる子がいました。顔に見覚えがなかったのですが、私の周りで反応している人もおらず、やっぱり私に向けてくれたのかなあ。高3にもなると中学の時とは全く変わっている子もいるので、その子が卒業生だったのかもしれません。だとしたら、反応してあげられなくてごめんなさい。あすは、校区内にある金剛高校の卒業式です。しばらくは高校の卒業式を満喫したいと思います。

 3連休のあと、来週は1・2年生がいよいよ学年末テストです。3連休はテスト勉強三昧になるといいですね。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月20日(木曜日)

 新型コロナウィルス感染症の流行に伴い、東京マラソンの一般参加が中止になるなど、全国的に多数の人たちが集まるイベントが中止になっています。大阪府や富田林市でも府民や市民が参加するイベントや集会を原則中止または延期することを決定しています。学校現場でも例外ではなく、下記の点に注意して学校行事等を実施します。
・生徒の健康観察を十分に行い、発熱等の風邪の症状が見られるときには早くに早退させる事を原則とします。
・感染防止のため手洗い・咳エチケットを励行させます。
・卒業式は実施します(市内統一)が、一般の方が参加するような学習発表会や行事は2月21日より原則中止します。
 何卒、ご理解とご協力をお願いします。

 さて、今日の道徳ですが、1年生はいつもの担任ではなく学年所属のフレッシュな先生たちが授業を行いました。
1年道徳

 2年生はローテーション道徳でしたが、2年2組は日本の伝統文化である「風呂敷」をテーマにした読み物資料を使っていました。担当の先生が動画を交えながら、生徒にはなじみの薄い「風呂敷の使い方」を紹介していました(今日ですべてのクラスを回ったのでネタばれOKということなので・・・)。何かを「包む」という行為は相手を敬うことにもつながり、風呂敷での包み方にもマナーがあるそうで、私も知らないことがいっぱいありました。中でも「ペットボトルの包み方」というのもあって、「えっ? ペットボトルも風呂敷で包むんや」と驚きました。以前、ハッピースクールプロジェクトの提案のなかに「日本の伝統文化をもっと扱ってほしい」というのがありましたが、なるほど、知れば知るほど奥深いものが日本の伝統文化にはいっぱいあると改めて感じました。
2年道徳12年道徳22年道徳32年道徳4

 さて、昨日もらったハッピースクールプロジェクトの中に、「円形ホールの金魚とメダカたちに校長先生が名前をつけてあげていただきたい」というのがありました。直々のご指名ありがとうございます。とても子どもらしい優しい提案ですね。常に小さな生き物にもいつくしみの気持ちをもって接してくれていることがわかります。ただ、金魚6匹、メダカ20数匹・・・全員に名前をつけても私にはどの子か区別がつかない・・・。提案してくれた子には感謝の意を述べるとともに「大変難しい」と頭を下げさせていただきました。・・・平和な学校で嬉しいです。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月19日(水曜日)

 朝、生徒会本部役員がのぼりを持ってあいさつをしていました。通りがかった地域の方から「とても自信を持ってあいさつをしている」とほめていただきました。「自信をもって・・・」、とてもよく見ていただいているなあと思います。確かに、最近の本部役員たちから「自信」を感じるようになりました。「あいさつ」も、自分に自信のない子ってどうしても声が小さかったり、首をちょこっと下げるだけだったり・・・。自分に自信が出てくればあいさつも変わるんだと言うことを、生徒と地域の方から教えていただきました。一人ひとりが自分に自信を持って、大きな声であいさつできる学校をめざして行きたいと思います。

 今日は、富田林市内にある私立高校の卒業式に参加しました。本校の卒業生が来賓席の近くに座っていて、にこっとあいさつをしてくれてうれしかったです。実は、今年度高校を卒業する学年は、私が教頭1年目だった2年生の一時期、臨時で社会科の授業を受け持った学年でした。学校の事情で社会科の進度が遅れていたために、7時間授業や夏休みの補講授業などを行った学年ですが、誰一人文句を言ったり、すっぽかして帰ったりする子もおらず、彼らには本当に頭の下がる思いでした。今となってはいい思い出ですが、当時はなかなか大変でした。早いもので、その学年の子たちが高校を卒業します。在校生も卒業生も、子どもたちはどんどん成長しています。我々教員も学校も、子どもたちに負けないように成長を続けなければね。

 今日からテスト1週間前で部活動は停止。いつもは早朝も放課後もにぎやかな運動場が、この期間だけは静かです。さて、テスト1週間前は「特別な期間」と考えて、好きなゲームやSNSも断ってテスト勉強に集中できているのでしょうか。テスト範囲が発表されたら、まずはテスト日から逆算して、すべての範囲をこなすための計画を立てていく必要がありますが、子どもたちはその「計画を立てる」「計画的に実行する」というのがどうも苦手なようです。また、「宿題」ではない勉強を自主的にするというのも苦手で、教員もやむを得ずテスト前に「宿題」という形でワークやプリントを課さざるを得ない状況があります。本来であれば、テスト前こそ「宿題」をなくして、自分でやりたい勉強を自分のやりたい方法でやらせるべきだと思うのですが・・・。特に期末は9教科です。3連休もありますので、早くテストモードにチェンジしてほしいです。

 さて、生徒会を主体とした「藤陽中SDGsプロジェクト」を「『未来への約束』プロジェクト」に改めたいと思っています。素敵なネーミングだと思いませんか。自画自賛という事で・・・。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月18日(火曜日)

 今日は教員による「あいさつ運動」の日ということで、朝の8時ごろから全教員が門や下足室前に立って登校してくる生徒たちにあいさつを行いました。「なんで先生いっぱいいるの?」と、生徒たちは不思議がっていましたが・・・。放課後も立つ予定です。

 さて、先週の金曜日に定例の「生徒議会」が開催されました。いつもは、各クラスや委員会の現状報告や取組み報告をして月間目標を決めたりしていますが、今回は本部主催で「SDGs」の学習会でした。多くのリーダーたちがSDGsを知らなかったようで、本部から簡単な紹介の後、ユネスコが製作した動画を鑑賞し、そのあと17の目標の中で各自関心のあるものを上位3つ選んでいきました。出席者全員が自分が選んだ3つのその理由を発表していきましたが、みんなすごくしっかりとした理由を述べていて感心しました。さらに、本部からの提案で、3つの中からに1つを選んで、その「アイコン」をバッジにして胸に貼ろうと言う事になりました。それを各クラスでも広めていきたいとのことでした。

 最後に、私の方からも生徒たちの意見や取り組みを評価し、こんな話をしました。「藤陽中の生徒250名程度が世界を変えることは難しい。でも、世界を動かすきっかけを作ることはできるかもしれない。藤陽中から世界へ! この取組みを『藤陽中SDGsプロジェクト』と名づけ取り組んでいきましょう。あらたに私からみなさんに『SDGsを実現するために、私たちでもできる取組みを考えよ』というミッションを与えます。自分たちが世界を変えるんだというぐらいの気持ちで本気で取り組んで下さい」。私の話を聞いてくれている生徒たちのきらきらした目がすごく印象的でした。

 生徒議会のメンバーたちの胸には本部が作ったお手製のバッジがつけられています。
バッジ1バッジ2

 私もいろいろ勉強していますが、こういうお手製のバッジをつけて関心を持とうとしている学校は日本で藤陽中だけだと思います。藤陽中の生徒会はとてもすごいことをやろうとしています。精一杯応援していきたいと思います。もし保護者の方にも「こんな講演会あるよ」とか「うちの会社でもこんな取組みをやっているよ」とか、いいアイデアやいい情報があればどんどん教えて下さい。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

2月17日(月曜日)

 今日は寒い一日でした。2月17日は「天使のささやきの日」だそうで、「天使のささやき」とは空気中の水蒸気が凍ってできるダイヤモンドダストのことです。1978年のこの日には北海道のある地点で氷点下41.2度を記録したとあります。しかし、今は「暖冬」でスキー場が次々に倒産しています。昨日は長野冬季五輪の開催地にもなった飯綱高原スキー場も閉鎖を決定したそうです。若者たちでにぎわったスキー場を知っている私たち世代にしたら寂しい限りですね。

 今日は「今ならでは・・・」の授業風景を2つ紹介します。1つ目は女子体育の「創作ダンス」。面白いネタがないか探していたところ、体育の先生から全クラスの「創作ダンスのビデオがありますよ」と教えてもらって、タブレットで録画した動画を見せてもらいました。いやあ、現代っ子なのか、私に才能がないだけなのかはわかりませんが、よくこんなダンスを自分たちだけで考えられるわと感心しきりでした。とっても素晴らしいものを見せてもらいました。おかげで1・2年生の曲の「ABC~♪ABC~♪」というフレーズが頭から離れません。
ダンス1ダンス2

 2つ目は技術のパソコン教室での「プログラミング」の授業です。生徒たちは、先生の説明を熱心に聞きながら、パソコンを使って「それ」を動かそうとしています。私には「それ」がいったい何かわかりませんけど・・・。生徒はわかっているんでしょうね。
パソコン室1パソコン室2

 明日はさらに寒くなるらしいですね。くれぐれも体調にはお気をつけ下さい。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

2月14日(金曜日)

 今日はバレンタインデー。まあ私には縁のない日ですが、文化放送委員の生徒がお昼の校内放送で紹介したいからと「校長先生は学生時代、最高いくつのチョコレートを貰いましたか?」という非常に厳しい質問を受けました。正直に「中学時代は0個」と言うと引かれてしまいました。そない引かんでも・・・。あまりにも「放送するに値せんわ~」というような寂しそうな顔をされたので、一応私の中では「モテ期」だった大学時代の数を言って納得して帰ってもらいました。中学生は難しい・・・。

 今日の6限目は総合の時間。1年生はEITO(富田林探索学習)の報告会をそれぞれの教室で行いました。
EITO広告会1EITO報告会2

 たくさんの方々のお世話になり、いい勉強ができたようです。これからも住み続けたいと思える富田林になるためのヒントは見つけられましたか? でもまだまだ皆さんが知らない富田林はたくさんあると思うので、これからもぜひ関心を持って生活をしてほしいですね。

 2年生は、引き続き「沖縄学」。生徒たちにとってネタばれになってはいけないので詳しいことを言うのはやめておきますね。でも、いろんな角度から「沖縄」を学んでいて楽しそうです。
沖縄1沖縄学

 さて、昨日の夜にはすこネットの役員会がありました。先日の「クリーン活動」において、中学生が一生懸命動いてくれたとおお褒めの言葉を頂きました。小学校のPTAの方にしたら、中学生のお兄ちゃんお姉ちゃんは少し怖そうに感じるところがあるだろうけど、実際に本校の中学生の様子を見て安心されたようでした。そうやって、校区の小学生・中学生や高校生を見ていただくことも「クリーン活動」の大きなねらいだと思っています。地域の発展を真剣に考え、地域のために貢献できる中学生たち。そんな中学生をこれからもどんどん前に出して行きたいなあと思っています。

 これから定例の生徒議会の様子を見てきます。今日は本部からSDGsの取組みをおろすと聞いています。楽しんできます。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月13日(木曜日)

 今日は朝から気温が高く、3階廊下では結露がすごかったです。年に1回あるかどうかの状態でした。なんだかんだと予報では言われながらも、いい天気が続いていますね。寒さが苦手な私にはありがたいです。

 さて、昨日は吉村市長と生徒会本部役員5人との懇談会が本校で行われました。富田林市教育委員会の教育長も同行され、生徒たちは少々緊張気味。でも、市長さんがうまく場を和らげてくれて、だんだんと本部役員たち本来のマシンガントークがしだいに復活していきました。
市長との懇談市長との懇談会2

 「どんな生徒会活動をしているのですか?」という問いかけに、T1グランプリや藤陽サミット、クリーン活動に、ハッピースクールプロジェクトなど、本校独自の特色ある取組みを、まるで申し合わせたように一人一つずつ紹介。市長や教育長に「いろんなことをやっているんですね」とほめていただきました。「どんな富田林にしたいですか」の質問には、SDGs(「持続可能な開発目標」)や寺内町にからめた意見、自然を利用したキャンプ場の開発、積極的な観光アピールなど、大人顔負けの提言を次から次へとぶつけていました。そこには、こういう質問の時にはよく出てくる「テーマパークを作ってほしい」とか「ゲームセンターや映画館を作ってほしい」「大きなショッピングセンターを作ってほしい」というような、市の施策とかけ離れたような意見は一つもありません。

 特に市長に感心されたのは「都会になろうとしても大阪市や堺市に勝てるわけないのだから、変に都会になろうとする必要はない。働いて疲れて帰ってきた人がほっとできるような、『ちょっとした田舎』でいい」という意見でした。予定されていた20分を大幅に超え、30分以上の懇談会が終わった後も円形ホールやハッピースクールプロジェクトの掲示板などを見学され、生徒たちと談笑されていました。本部役員たちも大きな自信になったようです。生徒会本部は市長からヒントをいただいて、さっそくSDGs実現に向けた活動を企画しているようです。

 今日の放課後、すでに進路先が決まった3年生8人が残ってくれて、教頭先生と一緒に花壇の雑草抜きをしてくれました。パンジーのまわりに例年には見ることのなかった雑草が生え、せっかくのパンジーが埋もれてしまっていました。穏やかな日差しの中での園芸作業は、受験勉強の疲れを癒やしてくれたにちがいありません。
雑草抜き雑草抜き2
 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月12日(水曜日)

 月曜日は市のサーバーが停止していて、校長日記をお届けすることができませんでした。

 月曜日には市の校務員チームが来てくれて、校舎わきの巨大化したケヤキの一部を伐採してくれました。ケヤキにしても桜の木にしても年々大きくなり、重さに耐えかねて暴風雨の時に倒れる危険性がありました。きれいにしていただいて、教室からの見晴らしも良くなりました。チームの皆さんに感謝です。
ケヤキ伐採1ケヤキ伐採2

 月曜日の放課後には、今日12日に実施する「市長と生徒会本部の懇談会」のリハーサルを兼ねて、本部役員たちと「校長室de座談会」を行いました。「どんな富田林になってほしいか」「どんな学校にしたいか」の2つのテーマについて、かなり深く議論しました。生徒は意外と「議論」が好きなようで、特活などでも「話し合いの機会を増やしてほしい」と言ってました。頼もしい限りで、16時30分から始まる懇談会も楽しみです。今日行われる「市長との懇談会」の様子は、明日の校長日記でお知らせします。

 さて、立春も過ぎ、草花にも春の気配が感じられるようになりました。早く、春よ来い!
梅春の木チューリップ

 先週の土曜日は「クリーン活動」にたくさんご参加下さりありがとうございました。もともと綺麗な地域ですが、子どもと大人が一緒になって街をきれいにする取り組みはとても素敵です。集まったたくさんのごみは、月曜日に市の衛生課が取りに来てくれました。
クリーン活動1クリーン活動2

 明日は3年生のみ給食申込日となっています。また、夜にはすこネットの役員会が開催されます。週末、お天気は下り坂ですが気温は異常に高いようですね。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月7日(金曜日)

 いよいよ始まりました2年の「沖縄学」。まずは「沖縄」を6つの「番組」に分けて、それぞれの「番組」の「プロデューサー(先生)」が1~2時間ずつローテーションで回っていきます。その6番組を紹介しますと・・・
・『沖縄の果てまでイッテQ』・・・アクティビティ(体験活動)について
・『琉球ドラマチック』・・・沖縄の自然について
・『その時琉球が動いた』・・・沖縄の歴史について
・『アメリカ世 Youは何しに琉球へ!』・・・国際都市・沖縄について
・『クイズプレゼンバラエティー(琉)Qさま!!』・・・沖縄の衣食住について
・『元祖 琉球総本家』・・・沖縄の芸能文化について

今日は1回目ということで、生徒はそれぞれクラス担任の「番組」を受講しました。8回シリーズのこの「沖縄学」。シリーズが終わったときには、きっと沖縄についてかなりの知識を身につけていることでしょう。
沖縄学1沖縄学2沖縄学3

 さて、3年生は来週の月曜日に大阪私立入試が一斉に行われます。6時間目には入試に向けた諸注意が行われました。私からも「不安に思って当たり前。大切なことは『平常心』で臨むこと」という話をさせてもらいました。
3年諸注意

 でも、もしかしたら親御さんの方が不安や緊張に襲われるかもしれませんね。きっと、仕事をしてても「今頃、2時間目のテストやな~」などと気になると思います。入試の問題は難しいので「できた~」と帰ってくる子はほとんどいないと思います。たとえどんな表情で帰ってきても、笑顔で迎えてあげて下さい。

 さて、学校だより「藤陽通信」では、給食の申し込み日が「2月12日・13日」となっていましたが、1・2年生は「10日(月曜日)・12日(水曜日)」、「3年生のみ12日・13日(木曜日)」の誤りです。お詫びし、訂正させていただきます。学年により日が違うのでお間違えのないようによろしくお願いします。

 また、明日は「クリーン活動」です。多くの方々の参加をお待ちしています。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月6日(木曜日)

 今日はかなり寒くなるという予報だったので覚悟していましたが、気温は低いものの日差しが暖かく風も弱かったので体感的には思ったほどではありませんでした。それでも寒いですが・・・。今日は奈良県の私立高校の入試。本校からは2名が臨んでいます。本校の3年教員が駅でチェックしましたが、一人の子は不安そうに「寝不足」と言っていたそうです。子どもたちにしてみれば、この高校入試は初めて自分で乗り越えなければならない「壁」。不安や緊張があるのも無理はありません。とにかく今まで頑張ってきたことを精一杯発揮してほしいものです。
 今日現在、本校で風邪やインフルエンザ、体調不良等の理由で欠席している生徒は全校で5~6名というところです。

 私ごとになって恐縮ですが、先日、子どもたちに大人気のコミック本の最新刊(第19巻)の発売日でした。上の娘も大好きで、発売日を以前から楽しみにしていました。発売日当日、仕事が終わって本屋に行くとどこも売り切れ。聞けば、朝早くから行列ができていて、一人で何冊も買っていった人がいるとのこと。明らかに転売目的です。その日ネットを見ると、440円のコミック本がさっそく1000円で売られていました。娘に買えなかったと言うとすごく悲しそうな顔をしていました。需要と供給の関係で価格が決まるのは資本主義の世の常。そういう形でもうけようとするのは犯罪ではないのかもしれません。しかし、わずかばかりの小遣いをためて発売を楽しみにしていた子どもの思いを踏みにじるような行為はどうなんでしょう。
 同じことがマスクにも言えます。インフルエンザや新型肺炎対策で買う人ばかりではないようです。小さい子どもやお年寄り、妊婦さん、お医者さんや空港など最前線で対応している人など本当に必要としている人にマスクが回らず、一方で「メルカリ」や「ヤフオク」などを見れば10倍近くの値段で売られています。「メルカリ」などは出店者に対し「適正な価格で販売してください」と異例の注意喚起もしているようですが、悲しくなってしまいますね。中国ではたくさんの感染者が出て、500人の方も亡くなっています。最近、各地で「武漢 加油!」という張り紙が増えているそうです。「加油」とは中国語で「がんばれ」です。富田林市も中国の友好都市にマスクや防護服を送っています。そういう気持ちを大切にしていきたいですね。

 さて、本日「WITH」第16号を配布しています。下にも添付しておきますので、ぜひお読みください。

「WITH」第16号 [PDFファイル/318KB]

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月5日(水曜日)

 今朝は朝から生徒会本部役員の生徒たちが「あいさつ運動」ののぼりをもって下足室前に立ってくれました。寒さのためか、最近みんなあいさつの声が小さくなっていたので、ちょうどよかったです。
あいさつ運動

 さて、2年生の来年度の沖縄修学旅行に向けた「沖縄学」が今日からスタートしました。単なる「観光旅行」で終わらないのが藤陽の修学旅行です。伝統文化、食文化、自然、歴史、戦争と平和など、様々な角度から沖縄について学習したうえで、現地でも五感をしっかりと使った修学旅行にしていくつもりです。ぜひ、保護者の方にもご理解いただき、沖縄に関する資料であったり、テレビ番組であったり、気がついたことがあれば子どもに関心を持たせるような仕掛けづくりをお願いします。
沖縄学1沖縄学2

 1年生のフロアに上がると、色鮮やかな素敵な掲示物が目に入りました。
1年掲示物

 あと1か月半もすれば卒業式、そして学年の終わりを迎えます。三段跳びで言えば、「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」の「ジャンプ」の時期です。1学期からの様々なできごとを振り返り、個人として集団として成長できたところ、逆に伸びきれなかったところをきちんと分析・総括をし、改めて自分が大切な存在であることを確かめる時期にしてほしいなあと感じています。

 あすは奈良県の私学高校入試。とても寒くなるようなので、あったかくして臨んでほしいです。頑張れ!藤陽中生!

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月4日(火曜日)

 今日は1年2組で年に1度の道徳授業研を実施しました。1年2組だけ6時間、他のクラスは5時間で下校だったにもかかわらず、誰一人として嫌な顔をすることもなく残ってくれました。

 今日の内容項目は「失敗を乗り越えて気高く生きる」。「いつわりのバイオリン」という読み物教材を使っての授業です。座席をコの字型にして、近くの人と自由に意見交換ができる雰囲気が斬新でした。1年2組の生徒のみなさんと担任の先生、緊張もしただろうけどよく頑張ってくれました。ありがとうございました。
道徳1道徳2

 また、今日の放課後には富田林市役所で「とっぴーと読もう 富田林市読書感想文コンクール」の表彰式があり、本校からは「とっぴー賞」を受賞した1年2組の生徒と教頭先生が参加しました。ご両親も見守る中、舞台で表彰状と副賞が授与されました。おめでとうございます。

 さて、今日は「立春」。暦の上では「春の始まり」です。しかし、明日ごろから今期最強クラスの寒気が南下してくるということで、特にあさっての木曜日は最高気温7度と厳しい寒さになるようです。インフルエンザの流行が収まった時期だけに、再び体調を崩すことのないように気をつけてもらいたいです。なお、今週の土曜日にはすこネット藤陽主催のクリーン活動が実施されます。お時間のある方はぜひ向陽台小学校もしくは藤沢台小学校にお集まりいただき、生徒たちと一緒にきれいな校区にしていきましょう。よろしくお願いします。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2月3日(月曜日)

 今日からホームページのページが変わりました。これまでの記事は「平成31年4月~令和2年1月」のページをご覧ください。

 さて、今日は節分の日。豆まきには「無病息災」の意味もあるのだそうで、新型肺炎やインフルエンザなども終息に向かえばいいのだけど・・・。今日の全校集会では「すみっコぐらし」というキャラクターの話をしました。食べ残されたエビフライのしっぽやとんかつ、飲み残されたタピオカ、捨てられた猫、本当は「きょうりゅう」なんだけどばれたら捕まるので「とかげ」と名乗っている子・・・それぞれに事情があって、ちょっとネガティブになって、だから居心地のいい「すみっこ」で生活している仲間たちです。子どもたちだけでなく、大人たちからも「癒される」と人気のあるキャラクター。その「すみっコぐらし」が昨年映画になりました。ネタばれになるようなことは言いませんでしたが、まさかの展開に子どもだけでなく大人も泣けるすばらしい作品となっています。

 大人的に解釈すると、このキャラクターたちは世の中でいえば「マイノリティ」(社会的少数者)。その「マイノリティ」の人たちとどう共存していけばいいのかを考えさせられるような映画です。子どもが見ても、「がんばれー」と応援したくなるようなキャラクターたち。「正義の味方」や「ヒーロー」でないところが癒されます。

 「前前前世」がヒットしたLADWIMPSが10年以上も前に出した「有心論」という曲の中にこんな詩があります。
「誰も隅っこで泣かないようにと 君は地球を丸くしたんだろう?」
隅っこで泣く人を出さないために、地球を丸くしたんだ。だって球には「すみっこ」がないのだから・・・という意味です。すごく深くて素敵な詩です。ぜひ、生徒たちが生活をする教室も、「すみっこ」のない「球」であってほしいなあという話にまとめました。くわしくは次回の「WITH」で紹介します。

 また、今日の集会では、「帯トン」コンテスト入賞者、吹奏楽部・サッカー部・女子バスケ部・男子バスケ部の表彰伝達と、生徒会・文化放送委員会からは先日行われた「M1グランプリ」のグランプリ発表と表彰式が行われました。部や生徒たちが集会で表彰を受けることが増え、うれしい限りです。
女子バスケ表彰男子バスケ表彰

 明日は道徳の研究授業があり、1年2組の生徒以外は5時間目終了後、1年2組の生徒は6時間目終了後の下校となります。よろしくお願いします。

 今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ