ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
富田林市公式ウェブサイトトップページ > 組織で探す > 市民窓口課 > マイナンバー「通知カード」が廃止になります

マイナンバー「通知カード」が廃止になります

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月30日更新
<外部リンク>

マイナンバー「通知カード」が廃止になります

通知カード

平成27年10月よりマイナンバーをお知らせするために地方公共団体情報システム機構(J-lis)から皆さんに送付されている「通知カード(緑色の紙製のカード)」が、令和2年5月25日で廃止となりました。
次のような「通知カード」に関連する手続きが行えなくなりましたので、ご注意ください。

・通知カードの再発行

・通知カードへの氏名や住所などの変更の記載 など

※「通知カード」廃止後もマイナンバーが変更になることはありません。

「通知カード」廃止後にマイナンバーを証明する書類

・マイナンバーカード

・マイナンバーの記載された住民票の写し(有料)

・記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している「通知カード」

※「通知カード」に記載された氏名、住所等が住民票に記載されている事項と一致している場合に限り、引き続き「通知カード」をマイナンバーを証明する書類として使用できます。(引っ越しで住所が変更になった場合や、婚姻等で氏が変更となった場合は、使用できなくなります。)

「通知カード」廃止後のマイナンバーの通知方法

「通知カード」廃止後に出生等により新たにマイナンバーが付番された場合は、「通知カード」に代わって「個人番号通知書」が地方公共団体情報システム機構(J-lis)から郵送されます。

※「個人番号通知書」は、マイナンバーを証明する書類としては利用できませんので、マイナンバーを証明する書類が必要な場合には、マイナンバーカードを申請して作成するか、マイナンバー入り住民票の写し(有料)を提出することになります。

「通知カード」廃止後もマイナンバーカードの申請ができます

・通知カード廃止後であっても、通知カードに同封された交付申請書をお持ちの場合は、スマホやパソコンでマイナンバーカードのオンライン申請が可能です。

・改姓や転居等で通知カードの記載事項に変更がある場合や、通知カードに同封された交付申請書を紛失されている場合
(1)QRコード付きの交付申請書をお住まいの市区町村で入手し、オンライン申請をすることができます。
(2)専用サイト<外部リンク>から手書き用の交付申請書をダウンロードしたうえで、郵送による交付申請をすることも可能です。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

おすすめコンテンツ