ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 人権 > LGBTに関する職員研修を実施しました。

LGBTに関する職員研修を実施しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月5日更新
<外部リンク>

近年、同性のカップルを結婚に相当する関係として認める条例ができるなど、性的マイノリティ(少数者)に対する支援が広がっています。

これまで日本では、LGBT(※)に対する寛容さやその存在を積極的に認めようとする動きはありませんでした。しかし、ようやく日本でも多くの当事者が声を上げはじめ、性の多様性が顕在化してきたように思われます。

民間のアンケート調査(2015年)によると、LGBT層に該当する人は7.6%、13人に1人の割合で存在するという結果が出ています。

本市でも、行政として、LGBTに代表されるような性的マイノリティの人の尊厳が守られるよう、そして安心して地域で暮らすことができるよう、当事者への理解を深めるため職員研修を実施しました。今後とも、継続して行うことで支援の輪を広げていきたいと思います。

LGBTとは・・・

LGBTってなに?

L

【レズビアン】

G

【ゲイ】

B

【バイセクシュアル】

T

【トランスジェンダー】

同性に性的魅力を感じる女性 同性に性的魅力を感じる男性

同性と異性に性的魅力を感じる人。あるいは、性的魅力を感じていても相手の性別が重要ではない人

自分の性別や表現する性別のイメージが、出生時に割り当てられた性別のイメージに合致しない人

 

おすすめコンテンツ