ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > 町会・自治会 > 市内の防犯灯について

市内の防犯灯について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月5日更新
<外部リンク>

市内の防犯灯は、地域を照らし相互連携の趣旨のもと地域の町会・自治会・その他管理団体により設置および維持管理しており、市として設置および器具交換、電気代に対して補助しています。

※平成29年より取替灯数の上限はなくしました。

 もし、防犯灯が切れていたり、破損している場合は、自町会内の担当の方へ相談してください。

防犯灯設置補助金(設置前の事前申請が必要です。)

補助対象

設置に対する補助の対象となる防犯灯は、町会およびこれに準ずると市長が認めたもの(以下「町会等」という)が公共に利用することを目的として、次の基準により設置するものとしています。

防犯灯は、おおむね25メートルの間隔で設置することを基準としています。ただし、道路形態等、特別な事情がある場合はこの限りではありません。

補助金額

防犯灯を新設した場合

設置に要した費用(器具代および既設工作物に取り付ける諸経費をいう)に対し、LED防犯灯は1灯当たり22,000円、その他の防犯灯は1灯当たり15,000円を上限に、費用の2分の1を補助金額としています。

防犯灯設置に必要なポールを設置した場合

設置に要した費用に対し、1本当たり25,000円を上限に、費用の2分の1を補助金額としています。

申請期間

随時受け付けしています。受け付け後、市担当者により現地確認を行い、設置の可否を判断します。

防犯灯維持管理補助金

補助対象

維持管理に対する補助の対象となる防犯灯は、公共に利用するもので、毎年1月1日現在、町会等が維持管理しているものとします。

補助金額

電気代補助

防犯灯にかかる年間電気料金相当額で、1灯につき1,700円を限度とし、使用電力が20ワットを超える防犯灯については、2,400円を上限とします。

器具取替補助(電球等の取替えは除く)

取替の対象は設置後数年が経過し老朽化したもので、補助額は以下の通りです。

  • 20ワット防犯灯への取替えは1灯につき6,000円を上限に、費用の2分の1を補助金額としています。
  • 32ワット防犯灯以上への取替えは、1灯につき11,000円を上限に、費用の2分の1を補助金額としています。
  • LED防犯灯への取替えは、1灯につき16,000円を上限に、費用の2分の1を補助金額としています。

申請期間

維持管理補助金については、1年間まとめて補助しています。11月下旬に市より各団体宛てに申請書類一式を送付しますので、同封の申請手順に従い申請漏れのないようご協力ください。

おすすめコンテンツ