ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

原子爆弾被爆者見舞金給付事業

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月11日更新
<外部リンク>

原子爆弾被爆者見舞金給付事業とは

昭和20年8月に広島と長崎に原爆が投下され、当時約21万人以上の方が命を落とし、今なお17万人以上の方が健康被害に苦しんでおられます。
富田林市では、世界でただひとつの戦争被爆国として戦争や原爆の記憶を風化させないよう、平和の実現に取り組むとともに、本市在住の被爆者の方々を激励し、福祉の増進を図ることを目的として見舞金を支給しております。

原爆の子の像 原爆ドーム写真

支給対象者

次の要件のどちらにも該当する人

  • 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律第117号)に基づき原子爆弾被爆者の諸手当を受けている人
  • 当年度の7月1日現在、本市の住民基本台帳に記載されている人で、4月1日以前から引き続き本市に居住している人

申請方法

支給にあたっては、事前に申請が必要です。
提出書類について、詳しくは地域福祉課までお問い合わせください。

申請期間

7月1日から7月31日まで

※7月1日が土・日にあたる場合は、直後の平日からとなります。

支給額

1人年額5,000円

支給時期

8月下旬
(ご登録いただいた口座に振り込みいたします)

おすすめコンテンツ