ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ありがとう70年 これからも富田林 > 組織で探す > 高齢介護課 > 新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の臨時的な取扱いについて

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月28日更新
<外部リンク>

富田林市では、厚生労働省より4月7日付事務連絡にて、すべての被保険者について新型コロナウイルスの感染拡大防止を図る観点から認定調査のための面会が困難な場合において、要介護・要支援認定の有効期間を延長することができる旨が通知されたことを受け、令和2年4月30日までに受理した更新申請に関しては原則6ヵ月の有効期間の延長を行っております。(面会が困難な場合とは、被保険者の感染不安から対面での調査を拒否される場合を含めた感染拡大防止の観点も含みます。)

5月1日以降の更新申請に関しては、新型コロナウイルス感染症への感染拡大防止長期化も予想されることから、下記の場合には「新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定の有効期間延長申出書」を併せて提出していただくことで、有効期間を6か月延長する取り扱いをします。

  1. 介護保険施設や病院等において、入所者等との面会を禁止する等の措置がとられており認定調査を受けることが困難である場合。
  2. 感染症による不安から、ご本人またはご家族が対面での調査を拒否する等認定調査が困難である場合。

申出書:新型コロナウイルス感染症に係る要介護認定等有効期間延長申出書 [Wordファイル/20KB]

※届出がない場合は通常通り認定調査を行い認定審査会で介護度を決定後、結果を通知します。
※対象は更新申請のみになります。
※臨時的な取扱いのため介護保険被保険者証のみを対象の方に送付し、「要介護・要支援認定等結果通知書」の送付は省略します。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

おすすめコンテンツ