ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
富田林市公式ウェブサイトトップページ > 子育て・教育 > ひとり親家庭への支援 > 児童扶養手当制度の改正に伴うひとり親家庭医療費助成制度の変更について

児童扶養手当制度の改正に伴うひとり親家庭医療費助成制度の変更について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年11月21日更新
<外部リンク>

ひとり親家庭医療費助成制度における所得制限額等の計算方法については、児童扶養手当制度の規定を準用しておりますが、平成30年度の児童扶養手当制度の改正に伴い、ひとり親家庭医療費助成制度についても以下の点が変更になっております。

公共用地取得による土地代金等に係る特別控除の適用

公共用地取得による土地代金等に係る特別控除の適用がある場合には、ひとり親家庭医療費助成制度における所得制限額の算定基礎となる所得額から当該控除額を控除します。

養育者・扶養義務者に対する寡婦(夫)控除のみなし適用

地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されない養育者又は扶養義務者のうち、以下の要件を満たす方は、ひとり親家庭医療費助成制度における所得制限額の算定基礎となる所得額から地方税法上の寡婦(夫)控除と同様、27万円(下記1.のうち扶養親族である子を有し、かつ、前年の合計所得金額が500万円以下である場合には35万円)を控除します。

なお、みなし適用するには、その事実を明らかにする書類を添えて申請する必要があります。詳しくは福祉医療課までお問い合わせください。

(注)現在、ひとり親家庭医療証をお持ちの方は控除されません。

  1. 婚姻によらないで母となった女子であって、現に婚姻(事実婚を含む)をしていない方のうち、扶養親族その他その方と生計を一にする子(他の方の控除対象配偶者又は扶養親族とされている子を除き、前年の総所得金額等が38万円以下)を有する方

  2. 婚姻によらないで父となった男子であって、現に婚姻(事実婚を含む)をしていない方のうち、その方と生計を一にする子(他の方の控除対象配偶者又は扶養親族とされている子を除き、前年の総所得金額等が38万円以下)を有し、かつ、前年の合計所得金額が500万円以下の方

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

おすすめコンテンツ