ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
富田林市公式ウェブサイトトップページ > 健康・福祉 > 後期高齢者医療制度 > 保健事業(フレイルを予防しましょう)

保健事業(フレイルを予防しましょう)

印刷用ページを表示する掲載日:2022年7月14日更新
<外部リンク>

フレイルについて

フレイルとは、体や心のはたらきが弱くなった状態のことです。

多くの高齢者はフレイルの時期を経て、要介護状態に至ります。しかし、早めに気づいて、適切な取組を行うことで、フレイルの進行を防ぎ、健康な状態に戻ることができることも分かってきました。

フレイルの図

こんな傾向はフレイルかもしれません

□疲れやすくなった

□活動量が少なくなる

□筋力が低下する(例:握力の低下)

□歩く速度が遅くなる

□体重が減る

3つ以上該当:フレイル

1~2つ該当:プレフレイル(フレイルの前段階)

(参考:J-CHS基準)

フレイルを予防するためにできることは?

フレイルの予防は日々の生活習慣と結びついており、「栄養(口腔)」「運動」「社会参加」が3つのポイントとされています。

フレイル予防3つのポイント

(厚生労働省 令和元年度食事摂取基準を活用した高齢者のフレイル予防事業より引用)

 

フレイル予防の取り組み

福祉医療課では、「生涯美味しく食べ続ける幸せを♪」をテーマに、「食べること」からフレイルの予防に向けた取り組みを行っています。

多様な食品や料理を食べることは、栄養素をまんべんなく摂ることにつながります。フレイ予防のために大切な筋力の維持・増強についても、3食しっかりと食事をとることが大切です。

また、しっかりと食べて、必要な栄養素を十分に摂るために必要となるのは「お口の健康」です。80歳で20本の歯があれば食べることに支障をきたさないと言われており、また自分の歯や入れ歯等で噛むための歯を維持しつつ、噛む力、飲み込む力など口周りの働きを維持することも大切です。

それらを整えながら、今より10分多く体を動かすこと(運動)や、自分に合った方法で地域や社会、人との交流(社会参加)をすることで、フレイルの予防を目指しましょう。

出前講座

市内で活動する概ね10名以上の団体(後期高齢者を含む団体)からの依頼に出向き、講話や相談を行います。

出前講座案内チラシ「生涯、美味しく食べ続ける「幸せ」を♪」

  1. 実施日時:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く)の午前10時~午後5時
  2. 利用方法:ご希望の団体は福祉医療課と日程調整後、下記の「講師派遣申込書」を記入の上、Topic(生涯学習課)へご提出をお願いします。

出前講座案内「生涯美味しく食べ続ける幸せを♪」 [PDFファイル/210KB]

講師派遣申込書(記入見本) [PDFファイル/174KB]

講師派遣申込書 [PDFファイル/139KB]

講師派遣申込込書提出先 [PDFファイル/252KB]

栄養講座 ※管理栄養士が担当します
  • 体組成測定(筋肉量等の測定)、握力測定
  • 全体へのお話、個別での相談

フードモデル(手計など)

健口(けんこう)講座 ※歯科衛生士が担当します
  • 口腔機能のチェック(舌や口周りの動きの確認)
  • 健口体操(口周りの動きをより良くするような体操の紹介)
  • 全体へのお話、個別での相談

顎模型

 

個別健康相談・栄養相談

健診結果や普段の生活の中での健康面の心配事について、栄養相談や健康相談を実施しています。

また、必要に応じて、地域で実施している介護予防教室等の案内等も行います。

 

フレイル予防に関する資料など

市のがん検診会場や相談時の配付物として、下記の資料の掲示や配付をしています。

フレイル予防にご活用ください。

  1. 「フレイル」とは? [PDFファイル/606KB]
  2. 食事でフレイル予防 [PDFファイル/1.24MB]
  3. オーラルフレイル予防から心と体の健康維持へ [PDFファイル/595KB]
  4. フレイル予防は健康の秘訣! [PDFファイル/725KB]

見本

リーフレット3種類(見本)

フレイル予防は健康の秘訣!

 

その他関連ページについて

ロコトレ体操や口腔体操など、その他の健康に関する情報については、

とんだばやし健幸サポートチャンネル/soshiki/26/48113.html

 

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ