ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・手続き > まちづくり > 金剛中央公園(青少年スポーツホール)・寺池公園の活用に関する「サウンディング型市場調査」を実施します

金剛中央公園(青少年スポーツホール)・寺池公園の活用に関する「サウンディング型市場調査」を実施します

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月6日更新
<外部リンク>

金剛中央公園(青少年スポーツホール)、及び寺池公園が存する本市金剛地区は、昭和40年代に開発されたニュータウンであり、開発後約半世紀が経過し、人口減少、少子高齢化、施設の老朽化、コミュニティの希薄化等、いわゆるニュータウン問題が顕在化しています。

金剛地区において、これらの公園(施設)は、コミュニティ形成・まちづくりの拠点となる象徴的施設である一方で、老朽化やニーズの乖離等による利用者の減少が進む傾向にあります。
また、金剛中央公園内に存する青少年スポーツホールは、老朽化が進み耐震性にも問題があることから、建替を視野に入れた大規模整備やそれに伴う新たな機能の導入の検討は喫緊の課題です。

本調査は、民間事業者等との「対話」を通じて、公園(施設)の再整備や魅力を高める活用方法、及びその事業手法等について、また、それらに連動し、地域に波及する様々な効果について、自由かつ実現可能なアイデアを広くお聞きし、今後の事業手法を検討する際の参考とすることを目的として実施するものです。
今回の調査結果をもとに、事業化が可能なものについては順次公募を行うなど、おおむね3年を目途とした事業着手をめざします。

調査の概要

調査対象とする公園(施設)

  • 金剛中央公園(久野喜台二丁目2番)
  • 青少年スポーツホール(久野喜台二丁目2番2号)
  • 寺池公園(寺池台四丁目4番2)

提案の内容

調査対象公園(施設)における「多様な利用者ニーズへの対応」及び「新たな魅力創出」を実現することで、公園(施設)はもとより、周辺地域の魅力向上、またニュータウン問題等の地域課題の解決につながるものを提案してください。

  (例)

  • 既存の公園施設を活用する提案
  • 新たな公園施設を設置する提案
  • 空間の特性を活かしたプログラム、取組の提案
  • 地域コミュニティの活性化、新たな生きがいや雇用を創出する仕組み など

   ※調査対象とする施設のうち、いずれか、若しくは複数に対する提案でもかまいません。

調査の対象者

事業実施の意向のある民間事業者・NPO法人等(以下「法人等」という)または、複数の法人等が構成するグループ(業種・業態を問いません)。

調査のスケジュール

調査のスケジュール
項 目 日 程
実施要領の公表 平成30年11月5日(月曜日)
事前説明会及び現地見学会の参加申込受付 ※終了しました。 平成30年11月5日(月曜日)~11月22日(木曜日)
事前説明会及び現地見学会の開催 ※終了しました。 平成30年11月28日(水曜日)、午後1時~
質疑の受付 ※終了しました。 平成30年11月5日(月曜日)~11月30日(金曜日)
質疑の最終回答 平成30年12月10日(月曜日)
サウンディング(対話)の申込受付 平成30年11月5日(月曜日)~12月14日(金曜日)
サウンディング(対話)の実施日時等の連絡 平成30年12月26日(水曜日)までに連絡します
企画提案シートの提出期限 平成31年1月18日(金曜日)
サウンディング(対話)の実施 平成31年1月28日(月曜日)~2月1日(金曜日)
(調整の上、実施日時を決定します)
実施結果概要の公表 平成31年2月下旬(予定)

※事前説明会及び現地見学会に参加されない場合でも、サウンディング(対話)への参加は可能です。

※詳しくは、実施要領をご覧ください。

ファイルダウンロード

《参考資料》

事前説明会及び現地見学会を開催しました

調査の趣旨等についてご理解いただくため、平成30年11月28日(水曜日)、午後1時~、青少年スポーツホールにおいて説明会を開催し、3社の事業者様にご参加いただきました。
 また、説明会の後、各公園(施設)の現地見学会を開催しました。

※事前説明会及び現地見学会への参加は、サウンディング(対話)参加の必須条件ではありません。

質問に対する回答

受付期間  平成30年11月5日(月曜日)~11月30日(金曜日)
質問件数  5件

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ