ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特定個人情報保護評価について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月5日更新
<外部リンク>

マイナンバーを含む個人情報をデータで保有する行政機関等が、個人のプライバシー等の権利利益に与える影響を予測した上で個人情報の漏えいその他の事態を発生させるリスクを分析し、そのようなリスクを軽減するための適切な対策を講ずるために実施する制度です。

特定個人情報保護評価の詳しい内容については、特定個人情報保護委員会(内閣府外局の第三者機関)のページをご覧ください。

特定個人情報保護委員会 特定個人情報保護評価とは<外部リンク>(特定個人情報保護員会のページへ)

作成する評価書の種類について

対象人数やマイナンバーを取扱う職員等の人数により、次のとおり作成すべき評価書を決定します。評価書を作成後、特定個人情報保護委員会へ提出し、公表します。

評価書作成のフロー

評価書作成のフローの画像

特定個人情報保護評価書の公表

特定個人情報保護評価で作成した評価書は、ホームページ等で公表することが義務付けられています。富田林市の評価書は、こちらのページと下記のリンク先で順次公表します。

マイナンバー保護評価Web<外部リンク>(特定個人情報保護委員会のページへ)
(行政機関や地方公共団体が作成した評価書が検索できるサイト)

事務の名称評価書住民基本台帳に関する事務

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ