ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 消防署 > 建物火災が多発しています。火の取扱いに注意して下さい!

建物火災が多発しています。火の取扱いに注意して下さい!

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月23日更新
<外部リンク>

今年(平成30年)に入り、市内では建物火災が相次ぎ、3件の全焼火災が発生し、
3名の方が亡くなられています。(2月15日現在)
引き続き、厳しい寒さや空気が乾燥する時季となり、火を使用する機会が多くなります。

大切な命と我が家を火災から守るために、火の取扱いに十分注意して下さい。

住宅火災 いのちを守る 7つのポイント

-3つの習慣・4つの対策-


3つの習慣

○  寝たばこは、絶対やめる。

○  ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。

○  ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。


4つの対策

○  逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。

○  寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。

○  火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器を設置する。

○  お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制を作る。 

おすすめコンテンツ