ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 障がい者福祉 > 障がい児(者)ライフサポート推進事業について

障がい児(者)ライフサポート推進事業について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月5日更新
<外部リンク>

障がいのある人の保護者の就労や生活を支援するために、通学・通所の支援や保護者の病気等による緊急的な宿泊対応のサービスを提供します。

対象者

富田林市に住んでいる小学生以上の身体または知的障がい児(者)で、保護者の就労または病気療養等の理由で、通所・通学の支援や緊急的な宿泊を必要とする人

費用負担

原則、サービス利用費用の25%が必要です。

サービス利用までの流れ

1.相談

障がい福祉課窓口で利用についての相談申込をします。
※その際、生活や障がいの状況についての聞き取りを行います。

2.面談

事業者が本人と面談を行います。

3.判断

面談結果をもとに、事業者が利用の可否の判断を行います。

4.申請

(利用可の場合)障がい福祉課窓口で利用についての申請をします。

5.決定通知

聞き取り内容、生活環境や利用の意向などをもとに、サービスの支給量と利用者負担上限額を決定します。

6.利用

利用を開始します。

7.利用者負担額の支払い

利用者負担額を事業者に支払います。

お問い合わせ先

相談係(内線434・435)

ファクス0721-25-3123

おすすめコンテンツ