ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ぴあ介護相談員派遣事業

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月14日更新
<外部リンク>

介護護相談員(ぴあ介護相談)派遣事業とは

介護保険制度において、介護サービス利用者の権利擁護及び介護サービスの質の向上と適正な実施に資するため『介護相談員派遣事業』が設けられています。本市においても平成15年度から事業を開始し、年々事業を充実させてきました。

富田林市では利用者と肩を並べて同じ目線で話を聞く相談員は『ぴあ』(ラテン語で「平等」という意味)の愛称で、皆さんから親しまれています。

ぴあ介護相談員活動

介護相談員は月に1~2回各担当施設等へ訪問を行い、行事等への参加をしながら、サービス利用者との会話を通じて、施設生活や提供サービスの対する不安・疑問・不満を聞き取り、施設等の担当者や管理者との意見交換を図り、利用者とサービス提供事業者との間の橋渡しを行います。

活動実績

現在、介護相談員養成研修を終了した介護相談員が市内の施設21箇所を定期的に訪問しています。

平成29年度体制(H29年11月現在)

特別養護老人ホーム

錦織荘

オレンジ荘

富美ヶ丘荘

喜志菊水苑

介護老人保健施設

富田林市介護老人保健施設 けあぱる

介護老人保健施設 きし

地域密着型サービス

認知症対応型共同生活

介護(グループホーム)

ケア・プラザ れんげの里

グループホーム 富田林

ぐるーぷはうす なごみ

「さらそうじゅ」の家

ジェントレス宮

菊水苑 喜志の郷

グループホーム マーヤの家伏山

小規模特別養護老人ホーム

寿里苑 夢の杜

さえずり

認知症対応型通所介護

(デイサービス)

十人笑学校デイサービス班

デイサービス弥生

認知症対応型デイサービスセンターみんな元気

デイサービスセンタービッグファミリー

小規模多機能型居宅介護

ファミリーハウス今城

看護小規模多機能型居宅介護

(医)今城クリニック 複合型サービス 和が家

利用者(あなた)の声を聞かせてください!

  • 気持ちよく利用していますか?

サービスに疑問や不安、不満をもちながら、「些細なことだから」「気を悪くされたら今後困る」などと思って、言わないで我慢していませんか。あなたの声を聞かせてください。

  • ぴあ介護相談員ってなに?

ぴあ介護相談員は公募で選ばれた市民で、6日間の所定の研修を受けた、現在11人が活動しています。

定期的に介護サービスの提供現場を訪ねて、利用者の声を聞き相談に応じています。

一方、サービスの実態を把握し、利用者と事業者との橋渡しをしながら、問題の解決や介護サービスの質の向上を図っています。

  • 地域に開かれた事業所に

施設利用者と縁のない人々からは遠い存在であった介護保険施設ですが、ぴあ介護相談員が入っていくことにより、市民にとっても親しみやすいものになっていきます。

ぴあ介護相談員を受け入れている事業所は、介護サービスの質の向上や透明性の確保に努め、利用者の権利侵害を防ぐ取り組みを行っている、「開かれた場所」といえます。

  • 相談相手がいる安心感

ふだん思っていることをぴあ介護相談員に話すことで気持ちが落ち着くこともあります。

困っていることを相談し、ぴあ介護相談員がサービス提供者との橋渡しをしたことで、サービスが改善された例も多くあります。

ぴあ介護相談員は個人情報やプライバシーを守ります。

利用者の家族も含め、匿名での相談にも応じます。

  • 例えばこんなことが改善されました

テーブルの上の食べ残しが、気になり、ぴあ介護相談員に伝えると、スタッフがすぐに洗剤で拭いて対応してくれた。

足が冷えているとぴあ介護相談員に伝えるとすぐにスタッフが対応してくれた。

サービス内容をぴあ介護相談員に相談したらその後、話し合いの場を持つことができ心の不安が少し安らいだ。

現役ぴあ介護相談員に聞いてみました

  • ぴあ介護相談員になろうとしたきっかけは?

以前から施設利用者さんが相談する場所や人が必要だと思っていた時にポスターを見て、富田林市のぴあ介護相談員を知りとても興味がわいた。その後、広報で募集の記事がたまたま目に入り、ぜひやってみたいと思った。

父が認知症を発症した時期に募集の広報を見て、何か知ることができるだろうか?また、自分にも高齢者にも役立つ立つことがあるだろうかと思った。

地域に貢献できて、仲間づくりとスキルアップができればと思いました。

  • ぴあ介護相談員のやりがいは何ですか?

沈んでおられる利用者さんに対し明るく笑顔で他愛もないお話をしていくうちに、笑顔になって、「また来てね、待ってるよ」と言ってもらえること。

利用者の多くは、自分の親の年齢の方も多く、親に会いに行くような気持ちです。お話をして喜んでいただけることがうれしいす。

  • これからぴあ介護相談員をしたいと思う人にメッセージをお願いします。

いろいろな施設を訪問して、これから介護をする人にとって、それぞれの施設の特性がわかっていいですよ。

訪問活動の中で経験することは、自分の将来にも役立つと思います。連絡会や勉強会で他の相談員の活動や悩みを知ることができますし、情報を得ることができます。研修を受講することが条件になりますが、興味を持った方、やってみたいと思った方、一歩踏み出してみませんか?

ぴあ介護相談員は心の介護を行う事業です。真心のこもった会話をぜひお願いします。

ぴあ介護相談員になるには?

例年6月の広報誌または市ホームページにて、募集をしています。市の活動計画に基づいて、所定の人数を募集することになります。
申し込みは、応募期間内に、所定の応募用紙を提出していただくことになります。一次書類選考のあと、二次面接を行い、採用が決定となります。
採用から活動までの間に、6日間の養成研修を受講していただくことが必須条件となります。受講費用と交通費は市が負担します。
なお、募集期間中には、応募説明会も行いますので、応募を検討されている方は、ぜひ、ご参加ください。

 

おすすめコンテンツ