ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 健康づくり > 新型インフルエンザに備えて

新型インフルエンザに備えて

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月5日更新
<外部リンク>

富田林市新型インフルエンザ等対策行動計画の策定

富田林市では、「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づき、市民のみなさんの安全・安心を確保するため、「富田林市新型インフルエンザ等対策行動計画」を策定し、大阪府及び保健所と連携して、対策に取り組んでまいります。

インフルエンザの予防

流行前

インフルエンザは感染した人のせき、くしゃみ、つばなどとともに、放出されたウィルスを吸入することで感染します。
感染を予防するには、身体の調子を整えておくこと、外出から帰ったらうがいと手洗いを行うことです。熱やせき、くしゃみといった症状があるときは、マスクを着用してください。また「咳(せき)エチケット」を、日頃から習慣にしましょう。

咳エチケットとは

  • マスクをしていないときに、咳やくしゃみをする時は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、顔を他の人には向けずに、できれば1メートル以上離れる。
  • 使ったティッシュは、すぐにふた付の廃棄物箱に捨てられる環境を準備する。
  • 咳をしている人にマスクの着用を促す。

流行しだしたら

充分に防備をしても感染しないとは言えません。できる限り外出を避け、外出する場合は、不織布製のマスクを着用してください。

新型インフルエンザ情報(関連リンク)

問い合わせ

富田林保健所(電話:0721-23-2681)

地域保健感染症課(電話:06-6941-0351)

富田林市立保健センター(電話:0721-28-5520)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ