ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
富田林市公式ウェブサイトトップページ > 子育て・教育 > 妊娠したら > 大阪府外で妊産婦健康診査・乳児一般健康診査・乳児後期健康診査を受けられる人へ

大阪府外で妊産婦健康診査・乳児一般健康診査・乳児後期健康診査を受けられる人へ

印刷用ページを表示する掲載日:2020年4月1日更新
<外部リンク>

妊産婦健康診査受診券及び乳児健康診査受診券は、大阪府内の医療機関でのみ使用可能です。
大阪府外で妊産婦健診及び乳児健診を受診した場合、健診費用は自己負担になりますが、後日申請により、受診券の範囲内で一部を返金(償還払い)します。
申請期間は該当する健診の受診日より5年以内です。

対象となる健康診査

  • 妊婦一般健康診査
  • 産婦健康診査
  • 乳児一般健康診査
  • 乳児後期健康診査

申請時に必要なもの

  1. 富田林市健康診査費用助成申請書(償還払い)※ダウンロードできます。
  2. 未使用の健康診査票(母子健康手帳発行時または4か月児健診で配布)
    ただし、産婦健康診査は健診結果を記入した産婦健康診査受診券
    ※結果の記入がなければ母子健康手帳
  3. 認印
  4. 府外医療機関で受診した領収書(原本)
  5. 振込先の金融機関の通帳、口座番号を確認できるもの(通帳等)

※旧姓名義の金融機関口座で申請される場合は、運転免許証など旧姓と現姓が確認できる書類が必要です。
※原則、申請書への記入は医療機関が行うため、予め申請書を入手しておいてください。
※場合により医療機関に確認させていただくこともあります。

申請書ダウンロード

富田林市健康診査費用助成申請書(償還払い) [PDFファイル/101KB]

記入例 [PDFファイル/114KB]

 

対象の健康診査を受診する際、富田林市健康診査費用助成申請書の『医療機関記入欄』に本人負担額(領収額)の証明を受けてください。(医療機関で証明を受けられなかった場合、領収書および請求明細書の原本を持ってきてください。)
後日、上記の「申請に必要なもの」をご用意し、保健センターへ申請してください。
(※郵送では受付できませんので、直接窓口へ提出してください。)

助成金の受取方法

翌月の28日(28日が土日祝日の場合は前の業務日)に指定の口座に振込みます。

その他

富田林市民を対象としていますので、転入前・転出後の助成はできません。
また、助成する金額には上限があります。
その他、ご不明な点は、保健センターにお問合せください。

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ