ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

女子ソフトテニス部

印刷用ページを表示する掲載日:2020年2月12日更新
<外部リンク>

2月12日(水曜日)

女子テニス部2月の練習予定
2月練習予定 [PDFファイル/391KB] 

11月26日(火曜日)

女子テニス部12月の練習予定

女子テニス部12月練習予定 [PDFファイル/445KB]

10月1日(火曜日)

女子テニス部10月の練習予定

女子テニス部10月練習予定 [PDFファイル/386KB]

9月14日(土曜日) 

南河内地区新人大会第4ブロック予選 
   会場:金剛中

 3年生の引退後、1・2年生だけで出場する初の公式戦になりました。

 1年生の山本楓・林ペアが、真新しいユニホームで臨んだデビュー戦で、ノーシードから2年生ペアにも勝利し、いきなりベスト8入りを果たしました。女子テニス部の1年生は、この2人だけですが、夏休み前からも練習は休まず、休憩時間もボールを打ち続けるなど研究熱心で意識の高いペアでした。その成果が十分に発揮された結果だと思います。今後の成長が楽しみです。

 2年生からは松谷・馬場ペアが、強力なファーストサーブとストロークを武器に1・2回戦をいずれもストレート勝ちしベスト16に入りました。

藤陽中からは、この2ペアが10月6日(日曜日)に行われる地区決勝大会にコマを進めました。

ベスト8  山本楓・林ペア

1回戦 3-0 Vs金剛中

2回戦 3-2 Vs狭山南中

3回戦 3-2 Vs金剛中

4回戦 1-3 Vs金剛中

ベスト16  松谷・馬場ペア

1回戦 3-0 Vs狭山中

2回戦 3-0 Vs狭山三中

3回戦 1-3 Vs金剛中

夏季市民大会個人戦
  7月15日(月曜日)  会場:富田林市立総合スポーツ公園

 15日(日曜日)が雨天のため、延期しての開催となりました。藤陽中からは2・3年生8ペアが出場しました。
前日の雨から打って変わって、日差しの厳しい暑い一日となりましたが、藤陽中女子テニス部もそれに負けない熱い試合を展開してくれました。
 なかでも、横山・舩木ペアと南・松井ペアは激戦を勝ち抜き、総合5位の表彰を受けました。終業式で表彰伝達してもらいます。

〈横山・舩木ペアの戦績〉

1回戦 シード
2回戦 3-0 Vs 金剛中
3回戦 3-2 Vs 富田林第二中
4回戦 3-2 Vs 金剛中
5回戦 1-3 Vs 明治池(第1シード・優勝ペア)

〈南・松井ペアの戦績〉

1回戦 シード
2回戦 3-1 Vs 富田林第一中
3回戦 3-2 Vs 金剛中
4回戦 3-1 Vs 明治池(第3シード)
5回戦 0-3 Vs 喜志中(準優勝ペア)

南河内地区選抜大会個人戦

 7月6日(土曜日)   会場:松原中学校

 各校代表2ペアによるハイレベルな大会に、藤陽中からは3年生の舩木・横山ペアと鷺・盛田ペアが出場しました。
 鷺・盛田ペア
  1回戦 3-0 狭山三中
  2回戦 3-0 富田林二中
  3回戦 3-2 松原五中
  4回戦 0-3 明治池中
 1・2回戦は相手を寄せ付けない一方的なストレート勝ちで勢いに乗り、3回戦は一時相手にリードを許すものの、じわりじわり追い上げファイナルゲームに持ち込みました。ファイナルでは勢いに乗り、終始リードを守り逆転勝利をおさめました。4回戦はシードペアに惜しくも敗れましたが、南河内地区参加86ペアの中でベスト16入りを果たしました。後衛・鷺のコースをついたショットと、前衛・盛田の積極的なボレーが随所に光った大会でした。

 舩木・横山ペア
  1回戦 3-2 長野中
  2回戦 3-1 金剛中
  3回戦 0-3 松原五中
  1回戦、緊張のためか精彩を欠き、相手にリードを奪われて追う展開に。最大のピンチに奇跡の雨が・・・。雨天中断の間に素振りをするなど、落ち着きを取り戻し、ゲーム再開後は本来の動きで相手を翻弄。ファイナルゲームに持ち込み、大逆転勝利をおさめました。続く2回戦も相手に1ゲーム先取されるも、その後怒涛の勢いで3ゲーム連続奪取、1回戦に続いてまたも大逆転勝利をおさめました。3回戦は強豪・松原五に惜敗しました。


    

南河内地区春季個人戦決勝大会
 平成31年4月27日(土曜日) 会場:松原中学校
 藤陽中からは予選でベスト16以内に入賞した5ペアが出場しました。第1・第2シードを含む、他ブロックの上位ペアとの対戦に苦戦を強いられる展開。2回戦まで進んだ岡尾・北村ペアは、第1シードのペアから一時はリードを奪う試合運びをするなど、練習の成果に手ごたえを感じつつも惜敗。同じく2回戦まで進んだ盛田・鷺ペアと舩木・横山ペアもそれぞれ、第2シードのペア、河南ジュニアのペアに善戦しましたが惜しくも敗退。試合には敗れましたが、強豪校に対してこれまで練習してきたことが通用するということを実感できた大会でした。

南河内地区選抜大会団体戦予選リーグ
 平成31年4月28日(日曜日) 会場:葛城中学校
 藤陽中は松原三中・喜志中・狭山南中・南花台中・葛城中の6校でのリーグ戦に舩木・横山,岡尾・北村,盛田・鷺,松井・南の4ペアが出場。試合ごとにオーダーを入れ替えて臨みました。優勝した松原三中戦では、1勝1敗で迎えた3ペア目がファイナルゲームのジュースにまでもつれ込む大接戦でしたが、わずかに及ばず惜しくも3位に終わりました。予選リーグの上位2校しか本戦に進めないため、藤陽中の決勝大会進出はなりませんでしたが、以前よりも粘り強く、劣勢になっても諦めない姿勢がよく見られました。夏の総体に向けて、個々の課題を見つめ、さらに努力を重ねてくれることを期待しています。

〈リーグ結果〉
優勝  松原三中 5勝0敗
準優勝 喜志中  4勝1敗
第3位 藤陽中  3勝2敗
第4位 狭山南中 2勝3敗
第5位 南花台中 1勝4敗
第6位 葛城中  0勝5敗

南河内地区春季大会第4ブロック予選

 平成31年4月20日(土曜日) 会場:金剛中学校

ベスト8 舩木(3年)・横山(3年)組  
      盛田(3年)・鷺(3年)組 

ベスト16 岡尾(3年)・北村(3年)組  
               松井(3年)・南(3年)組  
               岡本(3年)・村上(3年)組  

  以上の5組は、南河内地区春季大会の決勝大会に進出

「藤陽中はベスト16以内に5ペアが入賞する大健闘を見せました。この5ペアが4月27日(土曜日)松原中で行われる南河内地区春季個人戦決勝大会に出場します。次の試合ではさらに上位進出をめざして頑張ってくれることを期待しています。」(顧問:和中・田中博・岩下)

テニス


 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ