ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
富田林市公式ウェブサイトトップページ > 組織で探す > 人権・市民協働課 > 薬物やアルコールなどを使用した性犯罪・性暴力って?

薬物やアルコールなどを使用した性犯罪・性暴力って?

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月9日更新
<外部リンク>

薬物やアルコールなどを使用した性犯罪・性暴力って?

薬物やアルコールなどを使用した性犯罪・性暴力の存在が指摘されていることから、被害にあう危険性や相談窓口の情報を周知するためのウェブサイトを内閣府が作成しました。

飲み物や食べ物に薬物を混ぜ、相手の意識をもうろうとさせ抵抗できない状況にしてセックスするなどという性暴力被害が起きています。

相手が抵抗できない状態で、性交やわいせつな行為を行うことは、性別を問わず刑法の処罰の対象となり得ます。

いつもと違うと思ったことはありませんか?

  • いつもなら酔わない量なのに、酔いの回りがとても早かった。
  • 急に耐えられないほど眠くなった。
  • からだが思うように動かなかった。
  • 記憶がない。記憶が途切れ途切れであいまいだ。

ひとりで悩まず、まずは相談を

あなたの意志を尊重し、あなたの不安に寄り添って支援を進めます。
プライバシーは守られますので、安心してご相談ください。

■性犯罪被害相談電話 #8103

■性暴力救援センター・大阪SACHICO 072-330-0799(24時間受付)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ