ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て・教育 > こどもの予防接種 > 子宮頸がん予防ワクチンの接種の積極的勧奨はしていません

子宮頸がん予防ワクチンの接種の積極的勧奨はしていません

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月5日更新
<外部リンク>

現在、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの接種の積極的勧奨はしていません。

接種にあたっては、有効性とリスクを理解した上で接種を受けてください。

平成25年6月14日、厚生労働省より勧告があり、本ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がワクチン接種後に特異的に見られたことから、副反応の発生頻度等がより明らかになり、適切な情報提供ができるまでの間、子宮頸がん予防(HPV)ワクチンの定期接種を積極的に勧奨しないことになりました。

積極的な接種勧奨とは、標準的な接種期間の前に接種を促すハガキ等を各家庭あてに送ることや、さまざまな媒体を通じて積極的に接種を呼びかけるなどの取り組みのことです。

ただし、定期接種の対象者のうち、接種を希望する人については、これまでどおり定期接種として接種できますが、下記のリーフレット等を参考に、ワクチン接種の有効性及び安全性等について、十分理解していただいた上で接種してください。

感染症・予防接種相談窓口

子宮頸がん、子宮頸がんワクチンの基礎知識に関するご相談

電話番号

03-5276-9337

受付日時

月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
※ただし、祝日、年末年始(12月24日~1月3日)を除く

ワクチン接種後に症状が生じた方に対する大阪府の相談窓口

それぞれの相談窓口では、子宮頸がんワクチン接種後に生じた症状によりお困りになられていることをお伺いした上で、適切に対応できる機関をご紹介します。

受付日時

月曜日~金曜日 午前9時30分~12時、午後1時~5時
※ただし、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)を除く

総合的な相談窓口(医療、健康被害救済制度等に関するご相談)

健康医療部保健医療室医療対策課 感染症グループ

電話番号:06-6944-9156

学校生活に関する相談窓口(通学、学習、進級・進学等に関するご相談)

教育委員会事務局教育振興室保健体育課 保健・給食グループ

電話番号:06-6944-9365

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ