ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

富田林市指定文化財

印刷用ページを表示する掲載日:2020年12月11日更新
<外部リンク>

富田林市指定文化財の制度は、平成29年7月に施行された富田林市文化財保護条例に基づくものです。市内に所在する文化財の中でも本市の歴史と文化を理解するうえで欠かすことのできない重要なものが指定されます。本市はもちろん、所有者や関係者の皆さんと協力し、その保存と活用を図り、市民の皆さんの文化の向上・郷土文化の発展に役立てることを目的としています。

富田林市指定文化財 

第1号 富田林寺内町絵図 

員  数 : 七鋪一括

種  別 : 有形文化財(歴史資料)

指定日 : 平成31年4月24日

 

第2号 廿山南古墳出土遺物

員  数 : 一括

種  別 : 有形文化財(考古資料)

指定日 : 令和2年3月30日

 

第3号 仲村家文書 

員  数 : 4649点

      附 書籍903点 、板木17点、印鑑3顆、氏子札1点、酒造関係等証札類23点

種  別 : 有形文化財(書跡・典籍・古文書)

指定日 : 令和2年3月30日

 

みなさんの声を聞かせてください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?

※個人に関する情報は記入しないでください。尚、お答えが必要な意見等はこちらではお受けできません。直接担当課へお願いします。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとする為に参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

おすすめコンテンツ